理想の音楽家への道を模索中です


by natsukifg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

(個人的に)謎が謎を呼んだ「座敷わらしのニンニク」でから揚げを作り、無事に私の血となり骨となりました。座敷わらしさんありがとう!

なんだか幸運を運びんでくれそうなそのニンニクを、新生活が始まる私のために座敷わらしが置いていってくれた・・・うん、可能性としてはそれが一番妥当だよね。

ゲッティンゲンで新しく同僚になるホルンのカオリさんと会いました。
昔から人の出会いはすごーく恵まれていて、性悪人間とは滅多に出会わないし、出会っても深く関わる機会がやってこないようにできているのが不思議。彼女は日本人の同僚っていう関わり方をするような人だからいい人に違いないと確信して会ったら、やっぱりとてもいい人でした。

大学時代からの親友もファゴットの同級生で、ファゴットが2人っきりの学年だから選んだわけでもないのに、そういう濃い関係を作っていくような出会いには必ず「すごーくイイ人」がめぐり合うようになっているのだ。そのあとハノーファーで会ったクウィンテット仲間もそう、このアンサンブルのメンバーにも随所で助けられるしね。世の中ほんとうに上手くできている。

・・・・やっぱり座敷わらしにありがとう・・・・これに尽きますな。
[PR]
by natsukifg | 2007-08-21 20:45

ネイティブにケンカの巻

オケの契約書に学校側のサインをもらわなくてはいけなくて、事務所の本部で預けておいた書類を今日、学部の事務所で受け取る・・・・うん、そんな複雑な作業が、ここドイツでスンナリ1回でいけるとは私も思っていなかったから安心したまえ、キミ達。

朝から学部の事務所に行って(休暇シーズンのこの時期に働いてる人が1人でもいるだけでも褒めてやろう)「カクカクシカジカで契約書を受け取りに来ました」というと、案の定・・・

事務1「知りません。私は聞いてないから」

・・・うんうん、このくらいの返答は計算のうちです。

私「本部の事務所であなたから受け取るように言われたので、あなたの名前と電話番号ももらってきたんですけど」

事務1「私には分からないから本部にもう一度聞いてみて」

・・・出たな、必殺たらい回しの刑!
でも、その手には乗らないのだ。

私「この事務所のどこかにあるので探してください。火曜日に本部から郵送で届いてるはずです」

事務1「探してみるけど、聞いてないからねぇ」

私「本部の人が月曜日の12時少し前にここに電話して確認してます。私は横で聞いてたので確かです」

事務1「月曜日は私はいなかったから」

私「じゃぁ誰がいたんですか?そこのあなたは?!」

事務2「いたけど話したのは私じゃないわ」

私「もう1人の人は誰だったんですか?本部の人かその人と電話で話してもらえません?」

事務1「本部の人は休暇中でつながらないから話せないんです」

・・・この辺になると多少はイラッとくるのです。
こんなこともあろうかとオリジナルのコピーはしておいたけどさ。
それにちゃんと郵送したかっていう点については多少頼むときに不安を感じたし。

私「私のミスではないので、すみませんけど出てこなかったらオケと電話で直接話してもらえますか、いますぐにっ!

事務1「探してみるから来週また来てください」

・・ちょっと待ったぁ~、それはヒジョウに怪しいぞっ!!!!

私「他の人の机に届いてることとかないですか?あとは事務所のポストに入ったままとか」

有り得ない処理だけど、無くはない話だと思う。とにかく探してや~。

事務1「・・・ないと思うけど・・・」

結局くまなく探してもらって見つかったのでした。メデタシ、メデタシ。
事務所内を探す際は私が目を光らせてシキりました。


いつも思うけど、いつも話せないドイツ語も、半分キレてるときのみペラペラリンと出てくるのには驚きですね。語学上達のポイントはキレること・・・・じゃなくて、ヤバイ状態に立たされることなんでしょうか?
[PR]
by natsukifg | 2007-08-17 21:10

Ikeaのススメ

「下手な遊園地へ行くならココへ行け!」・・・そう、ここは休日の家族のテーマパークなのだ。

2006年に日本でもオープンしたらしいIkeaも、さすがにスウェーデンの大手家具会社だけあってヨーロッパでは主流の家具屋さん。もちろんブレーメンにもあります。

さて、ここ最近というもの誰これ構わず会う人に訴え続けてきたことは、マクラの高さが無さすぎて寝にくいってこと。起きたら首が痛かったり、なんか疲れてるし。そういえば「マクラを高くして眠る」っていうのは安眠するっていう意味だし・・・・それでIKEAなのだ。

寝てるのに疲れたなんてそんなバカな話があってはいけませんものね。

基本的には小さなモデルルームがたくさん入ってる感じで、実際にコーディネートされた家具なんかも見つつ、家具も選べるみたいな作りなんですけど、アイディア商品的なものも置いているのが特徴です。横で買い物をしていたおばあさんが不思議な形をした縦長の箱を指差して・・・

おば「これは何に使うのかしら」
私「わかりませんねぇ」
おば「何に使ってもいいのかしら?」
私「おそらく自分で使い方は決めるんじゃないですか?」
おば「パスタを入れてもいいかしら?」
私「あ、それには短かすぎません?」

うん、いくら縦長って言っても15センチくらいしかないしなぁ。普通はパスタは入れへんよな、と思いながら買い物を続けていると・・・

おば「パスタを2つに折って入れたらどうかしら?私はパスタをゆでるときにいつも半分に折ってからゆでるのよ。」

私「あぁ・・・まぁ、それならいいんじゃないッスか」

・・・だーかーらー、それも踏まえて自分で使い方決めるっちゅうてんねん。それにしても2つに折ってからゆでるからといって箱の中に折って入れとくってどういうことやねん?と突っ込むことは多かったけど、見ず知らずの私にそれを尋ねるそのセンスが良いよな、ドイツ人。

・・・ね、下手な遊園地よりも楽しいでしょ?
[PR]
by natsukifg | 2007-08-17 04:06

絵カキ

エカキさんの、さわつ・かずこむ夫妻のおうちにご馳走になりに行きました。

自分は小食なのかと思ってきたけど実に勘違いもはなはだしく、おいしい手料理を人と食べると底なしですね。1人でずぅ~~っと食べてたし。やはり家族は食事の時間を合わせる事をオススメです。

実は絵描きさんという人種と知り合うようになったのはドイツに来てからが初めてで、京芸も確かに美術学部があって、むしろ音楽学部より大きいくらいだったけど、どうもお互いに近づかない雰囲気がありまして。

だいたい学食でペンキだらけのツナギを着て、頭にタオルを巻いてうどん食べられても、話しかけづらいことこの上なしだし。何人かのグループでご飯食べに来てるのに、全員ツナギってどういう意味ですか?っていう話ですし。極めつけに、基本は美術学部の必修授業で音楽の学生も受けられる「西洋美術史」っていう授業の試験中に、携帯メールの着信を鳴らしてしまって、それがドラクエのレベルアップのときの音楽(自作品)だったとはいえ、みんなに冷たく一瞥されて以来は、あの学部はすっかり「怖いところ」となってしまったのですね。

・・・いいじゃん、レベル上がったワケだしさッ。

それで、どういう運びか「プロ意識」とか「将来設計」の話になって、この辺は本当に全く共通するものがあって興味深い。なんだか、絵描きさんって不思議な世界だと思ってたけど、結局は突き詰めるものは同じだなって思うんです。

実際のところ「朝まで生テレビ」になってしまったのだけど、自分の演奏の商品価値に対しても改めて考えるきっかけをもらった日となったのでした。自分を振り返るきっかけはどこにでも転がっているのだ・・・多分、あの怖かった京芸の美術学部にも。。。

さわつ&かずこむさん、ごちそうさまでした♪
[PR]
by natsukifg | 2007-08-16 01:55

座敷ワラシのにんにく

一体全体、この私にどうしてほしいというのでしょうか。

友達が家に遊びに来ることになって、彼女らを迎えに行くまでは確かにこんなものはなかったのに、「まぁ、どうぞゆっくりしてね」なんて言いながら紅茶をいれて部屋にもどってみると、なぜかテーブルの上にニンニクがコロンと置いてあった。

私「・・・・で、これなに?」
ゆ「なつきちゃんのでしょ?」
私「知らんで~、持ってきてここに置いたんやろ~?」
ゆ「置いてないよ~!!」

・・・うん、確かに。
友達の家に普通ニンニク持ってこないよね。

それで、最後まで彼女らが持ってきたのであろう疑惑は捨てきれなかったけど、どうも本当に知らないらしく、まさかあれも芝居なのか?そうなのか?!ちなみに、このウソ意味がないし、そういうシュールなギャグを真顔でやって帰るタイプの人たちでもないからなぁ。。。

・・・ってことは、やっぱりアレか・・・座敷ワラシだな。

部屋にそっとニンニクを置いていくっていうのは、一体どういうメッセージなのでしょうか?
食べてもいいのか分からないから、ずっと部屋に置きっぱなしにしていることも、実はワラシに対して失礼なのだろうか。
[PR]
by natsukifg | 2007-08-12 01:45

筆まめ夫婦

日本のドラマが(マイ)ブームで、まったく・・・夜もおちおち眠れません。
「いま会い」の最終回では、主人公達よりも私の方が断然泣いてたもんね。もう見ました?

澪ちゃんはたっ君に手紙を書くんですね。
毎日家の中で会ってる家族に手紙を書くっていいですよね。アレは理想の夫婦だ。

そういえば大人になってから(大学3年生だったと思う)、何かの記念日に、姉と一緒に両親に宛ててカードにメッセージを送ったことがあって、しみじみと「音楽をすることを応援してくれてありがとうございます」みたいなことを書いていたら、横のページいっぱいに5つ上の姉が、おおきく元気に両親の似顔絵を書いていたのには驚いたものです・・・。子供じゃないんだから言葉を使いなさい。
[PR]
by natsukifg | 2007-08-10 03:44

エラい人の奥さん

うーん、分かる分かる・・・・結婚したことないけど。
うん、でも分かる気がするよ、宮沢りえちゃん。

冬ソナにはまったのは2006年、先日はSPEEDに改めて感銘を受けましたし。ハッキリいってドイツに住んでいて「イマドキ」も「今さら」もへったくれもありません。先日ドラマの「協奏曲」のDVDを手に入れて、まさに今が私にとっての「協奏曲」ブレイクですな。

ここでは、田村正和と宮沢りえちゃんが夫婦なんですね。
名もない建築家だった元カレのキムタクをさっさと捨て去り、有名建築家の田村正和のところにいっちゃうなんて、一見すごくキムタク可愛そうみたいだけれど・・・なんのなんの!!!オンナはこういうこと結構平気でやっちゃいますからね~、怖い、怖い。しかも、そこに「運命の人」的な何となくキレイな理由づけまで、ドサクサに紛れて平気でやりますからなぁ、うん、うん。

旦那の留守中に、家に来た電気屋のオジさん2人と家で宴会を始めて田村正和に怒られるシーンで、りえちゃんが「淋しかったから誰でもいいから話したかった」っていうシーンがあって、普通に考えれば「なんだ?その理由?」だと思うんだけれど・・・・こういう投げやりって確かにあるよね。たとえ一緒にいても、満たされない関係作ってしまうってあるんじゃないかと思います。うーん、エライ人の奥さんっていうのも、なかなか大変なのだ。

子供の頃、「結婚はオンナの墓場だ」だなんて、なんて上手いこと言う人が世の中にはいるんだろうと思っていた(小学生時代までですが)ほど、結婚観には夢も希望もなかったものですが、やっぱり孤独の恐ろしさを知ってしまうと一生独身でいたいなんてなかなか思えないものであります。それは結婚に夢と希望を持ったっていうのともちょっと違うんだけど。

江国香織さんの小説の中で「孤独ぶりたがりのティーンエイジャーじゃないから、私はもう1人でいたくないの」っていう30歳くらいの既婚の女性がいたけれど、この場合の「1人」はりえちゃんと田村正和の結婚生活の意味での「1人」とか「2人」であって、満たされてる関係ではないわけで・・・要するに人は満たされないから2人でいようとするのかなぁ?でも2人でいたって満たされることなんてないのかなぁ?

・・・結婚ってムズカシイのでした。
それでもやっぱり、この結婚というシステムそのものには、大した夢も希望も持てない私が今日もいるのは残念なものですね。
[PR]
by natsukifg | 2007-08-07 03:02

まさに異文化理解

お昼ごはんを食べていたらマニュエルに、私のパパとママがどういう音楽を聴いていたのかを聞かれました。父はビートルズとかクラシックを聴いていたような気がするし、母はユーミンとか中島みゆきだったような・・・あぁ、あとサザンも好きだな。母の車の中ではいつもサザンが熱唱してたもの・・・。

それで、30年前にチリのラジオで聴いたっていう曲で、多分日本人のアーティストなんだけどといって口ずさんでくれたメロディーが・・・

♪タータータタータッタッタッ タータ タータッタッタッ~♪

「おおっ!!それは坂本九の上を向いて歩こうじゃないですかっ!!!」

ということで、アーティストの名前を教えてインターネットで一緒に聴いてみた。
でも、私自身がオンタイムの世代じゃないからこの人のこと良く知らないしな。
もう、80年代って光GENJIとかの世代ですしぃ~。ガラスの十代ですよ、時代は。

「多分、飛行機事故で亡くなった・・・と思う(あれ?それって向田邦子だっけ?)」
みたいなアヤフヤ情報を、相手が外国人なのをいいことに試しに吹き込んでみた。

意外に深刻な感じで「あぁ、それは残念だね・・・」って受け入れられてしまったので、安心して次の質問にもアヤフヤ情報で答える。

「SUKIYAKIって書いてあるけど、これは何?」

「それは本当は食べ物の名前だけど・・・うーん、多分このグループの名前じゃない?」

「あぁ、なるほど」

うーん、さすがにそれはいい加減な情報だと反省して後で調べたら、
「また周知の通り、このナンバーは「スキヤキ・ソング」の名で61年に全米リリースされ・・・」



・・・・あ、やっぱり違った?

このようにして、私の周りの外国人は怪しい情報を流されているのだ。
先日は「秋葉系ボーイ」について私に説明を受けたマニュエルが、しばらくの間、日本でIT関係の仕事をするひとは全員オタクなんだと勘ちがいしてたもんね。

それにしても30年前にラジオで耳にして以来、ずーっとメロディーラインが頭に残ってるなんて、やっぱり九ちゃんはスゴイ!!
[PR]
by natsukifg | 2007-08-04 20:15