理想の音楽家への道を模索中です


by natsukifg
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

迷子とちらし寿司

オケの練習場で無事にコントラファゴットを手なずけて、休憩しようと散歩に出ました。知らなかったけど実は近くに並木道と川が流れていて、今日はお天気も良かったからとても素敵な散歩道です。「うーん、リフレッシュしたところでバッハさらうか~♪」と練習場に帰ろうとしたら・・・なんか様子がおかしい。こんなに住宅街じゃなかったはずなのに、やたらと民家が建っているし見覚えのない建物なんかもある・・・おかしい。そう、私ってすごぉぉぉく方向音痴だったのだ。

それでも、そんなに複雑には歩いてないんだからそのうち辿りつけるはず!と信じてドンドコ歩き続けると、今度はゲッティンゲンという街の一体どのへんに自分がいるのかすら検討がつかなくなってしまい・・・半泣きでおばさんに道を尋ね・・・でもコンサートホールならいざ知らず、オケの練習場なんて普通は場所しらないし。おばさんを迷子の子供(27歳)に困らせました。

「このまま遭難して白骨死体で発見されたらどうしよう」というピンチのとき特有の極端な不安が脳裏をかすめるなか、検討をつけていた場所とぜーんぜん違う場所で練習場を発見しました。めでたし、めでたし。

今日はハノーファーのアンサンブル仲間がゲッティンゲンに来ていて少しお茶をしようということになっていたんだけど、お土産にちらし寿司を持ってきてくれたのが感激です。練習が終わって家でタッパーを開けたらお寿司の上に綺麗な錦糸玉子と、ごまとのりが添えられていて素晴らしくおいしかったです。良い嫁のような男友達です。
[PR]
by natsukifg | 2007-09-27 02:17

再びゲッティンゲン

再びゲッティンゲンです~♪

今回は1ヶ月近くブレーメンに帰れないので、お布団からパソコンから目覚まし時計から本番服から何から何までブレーメンから持ってきて、荷物が重すぎて電車の中で吐きそうでした。自分の中では「よし!仕事頑張るぞ!」みたいなハツラツとした感じのつもりだったんですけど、遠くから見たら荷物が勝手に歩いてると思われそうなくらい、チビッコの私が大きな荷物をたくさん運んでいたので、駅ではたくさんの人になんとなく可哀相なものを見る目で見られました・・・・放っておいてください。

荷物が多いから駅ではなるべくエレベーターを使って、階段の上り下りは避けていたら、たまたま麻薬中毒の兄ちゃんとエレベーターで乗り合わせてしまいました。何か話しかけてくれてるけど言ってる内容が意味不明だし、そもそも私が疲れ果ててたので完全無視。それでもしつこく話しかけるから(なんやねん、疲れてんのに。だいたいもっとハッキリしゃべらんかいっ。)と思ってよく聞いたら荷物が重いからエレベーターからコロコロ(するトランク)を出すのを手伝ってくれるみたいでした・・・兄ちゃんなかなかエエヤツです。

明らかに薬でラりってるけど、ちゃんとコロコロを力強くエレベーターから出してくれました。そこまでしてくれるんやったらタクシー乗り場まで運んで欲しいな~♪とか思ったけど、そこは厳しく突き放されました。やれやれ、世の中そんなに甘くありませんな。

仕事はあさってからだけど、明日はオケのコントラファゴットとよく知り合って仲良くなっておく日です。ちゃんと協力的に鳴ってくれる楽器であることと、私が持ってるコントラファゴットリードと相性がバッチリなことを願って・・・おやすみなさい。
[PR]
by natsukifg | 2007-09-26 08:28

ルルーのオーボエ

普通に日記を記してみるのも悪くない考えだ。
ルルーのモーツァルトのコンチェルトとか、パスクリとか、あとは管楽器アンサンブルの演奏会を2日がかりで聴いてきた。勉強になったのはもちろんだけど、そんな小賢しいことよりも純粋に楽しい夜を過ごさせてもらえて楽しかった~。

己が勝手に聴いてきた演奏会の感想をここでクドクドと書かれても、聴いてない人には興味の持ちようもないというのも十分に理解できるので、演奏会の感想としては素晴らしかったとだけ記しておきましょうかな。。。とはいえ、本当に素晴らしい演奏家ですね、フランソワ・ルルー・・・ハゲだけど。
[PR]
by natsukifg | 2007-09-19 03:23

牛乳カステラ

安倍晋三さんが内閣になったときだって、ラジオで聞いたチリ人に教えられて初めてそれに気付いたような政治も経済も全く弱い私にとって、内閣が辞任したからといって大して影響を受けるハズもないんですけれど。だから当然次の内閣が小泉氏だろうが麻生氏だろうがそこにどれ程の違いがあるのかサッパリ分からないわけでして。従ってそれなりに大きな事件なのでしょうけど、格別の興味も抱けず・・・・むしろ今日作ったハンバーグが中までちゃんと火が通っていたかの方がよっぽど気になります・・・・中はちょっと赤かったような気がするもの。

政治のことは分からないと書いたけど、そしてこれも日記に書くのが初めてでもないような気がするけど、どの辺からが「政治に関心をもっている」って言えるんでしょうね。そしてどのくらいの日本国民が政治に関心があるのか是非知りたい。江戸時代の踏絵みたいな感じで一度誰かが徹底的に調べてほしいものです。

だって「国民の関心度」とか言われてもねぇ。
内閣の名前が分かるくらいじゃ、やっぱり「政治に関心がある」とは言えないんでしょうしね。誰が内閣になるかによって明日の米が買えるかどうかまで生活が変動すれば少しは関心がもてるのでしょうけれど・・・

どちらにしても、「晋ちゃんまんじゅう(安倍晋三)」だの「太郎ちゃんの牛乳カステラ(麻生太郎)」だの言ってる人達が政治を動かすと言われたところで明日の日本に大きな期待をかけろなんていうのもちょっと変な話に聞こえるのは・・・やっぱり私だけではないよね。
[PR]
by natsukifg | 2007-09-14 02:59

初仕事

緊張の初仕事いってきました~。
オーケストラもファゴットセクションも、とっても優しくてにこやかな雰囲気なので一安心。
ソロファゴットの人がすごーーーーく上手いので、一緒に吹かせてもらえるのは嬉しいです。それにしても素敵な音だった。

プログラムがベートーヴェンの6番とかエグモントとか、木管セクションの端っこまでなにかと楽しい曲目だったのでたくさん勉強させてもらってきました。ピアニッシモの発音とか音程が上ずらないこととか音色がソロを食っちゃったら・・・果てには楽器をブレーメンに忘れていっちゃたら、本番中に何故かリードが真っ二つ!など・・・山のように心配事を抱えて行ったけれど、むしろ自分の考え得る範囲の問題点よりも、「ほとんど初見でもコンサートが出来る」っていう新しい能力を求められているなぁと、つくづくプロフェッショナルのオケマンってスゴイって思いました。ちゃんと予習できてプローベに2回でも乗れればシンフォニーの本番なんて出来て当たり前なんだろうなぁ。自分ってオケの中での余裕がまだまだ足りないです。その曲のプローベの日に自分が仕事があるかどうかなんて分かんないし、自分の乗り番が事前に分かる場合ばっかりじゃないものね。

そういうわけで1週間の仕事も無事に終わり、今はブレーメンでのびのびと・・・と言いたいところだけれど、モーツァルトもさらわなきゃだしリードだってまた作らなきゃだし・・・ホンモノのオケマンへの道はまだまだ長く険しいのでした。
[PR]
by natsukifg | 2007-09-12 04:52