理想の音楽家への道を模索中です


by natsukifg
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

定期、山本耕史

シーズン最初の演奏会、佐渡芸術監督の定期演奏会が始まりました。

ブラームスのVn.Konzertいい曲ですね。
今までオケスタだと思って受け止めてきたけど(?!)、デリケートな名曲です。
ソリストはジェームス・エーネスさんで、潤って艶があってのびが良くて品があって説得力のある音で、自然な音楽でテクニックも完璧でした。こういう宇宙人みたいな才能の人が、ヴァイオリンとかだとたまにいたりするからビックリですよね。

終わった後はあと4回ある本番に備えて、ファゴットの同僚と温泉に行きました。
彼女が温泉とお酒が好きな気のいい人で良かった、良かった。
PACの本番は金曜でもマチネーなので、終わってから温泉で癒されるってことができるんですね~。

そして社員食堂で山本耕史がごはん食べてるの見ました。
舞台みたいのを芸文でやってるらしいですよ。
芸能人疎いので名前聞いても顔がすぐ出てくるほどピンと来てないけど。 
[PR]
# by natsukifg | 2009-09-11 22:37

オーケストラレッスン

今日は、木管楽器の指導にオーボエの宮本文昭さんが来て下さいました。

よく考えてみたら、オーケストラを客席で先生が聴いてて、休憩とか終わった後に「あぁだった、こうだった」って指導して頂くことはあっても、オケの中の席(2ndオーボエの隣)に座ってその場でご指摘いただくっていうのは、私の学生生活長しと言えども初めてな気がします。オケの中からだと「ハイ今吸って!」とか「コントラバスのピチカート見る!」とかオンタイムで言ってもらえるので、すごーく貴重なレッスンの受け方のひとつだと思います。

それに、色んなことをアドバイス頂いて気をつけるべきことは増えているのに、何故か心と体はラク~に。
本当に素晴らしいレッスンだと思います。

しかもデニムとシワ加工の花柄シャツをスマートに着こなして御礼を言っても、「いやいや、僕は何もしてませんよ」なんて格好良く言われた日には。
・・・・私も言ってみたいものです。すごい良いレッスンした後に「いや、私はなにも・・・」。

勉強になりました。
[PR]
# by natsukifg | 2009-09-10 19:36

始まりました

PACでの2ndシーズン今日から始まりました。

早くも2年目に突入です。
2ndシーズンってことはビバリーヒルズで言ったらまだまだブランドンもウエストビバリー高では転校生扱いされてる頃だから・・・・まずまずですね?

今年も楽しくたくさん吸収できる一年にしていきたいな。
[PR]
# by natsukifg | 2009-09-07 20:58
結婚して可愛い子宝にも恵まれて本当に幸せそうな人をたくさん見ると、なぁ~んか女性としての自分のあるべき姿ってこういうとこにあるんじゃないか?って思う気持ちは、年齢を重ねるごとに強くなって、これって私が演奏家としてどうありたい、こうありたいっていうんじゃなくてハッキリいって本能の部分の訴えかけだと思う。初めて強く意識したのは24歳くらいのときで、今まで結婚や子供よりも、まず自分が芸で身をたてることが第一と思ってきただけに、「それも一つの考え方」と思う一方で「私は本当にそれでいいのか?」という不安の間で戸惑ったもの(結婚する相手いないくせにこんなことを悩むなんて非常にあつかましい・・・)。
それでも、そのときは留学したからには何らかの形を残したいという想いが日常のレッスンやオーディションの中で風化させていった。それから数年は本当に留学生活も正念場だったし、やれゲッティンゲン、やれ兵庫県と移動も多くて目の前の生活に追われるような感じだったけど、最近になってまた「女の幸せ」と「やりたいことをする」の・・・・まぁ、字面は相当ありきたりなところですが・・・考えちゃいますよね。

こういうのって時期があって、まぁそういう意味では20代独身女性最後のこの年って客観的に考えてみてもこのテーマを考えがちな時期だと思うし、そういうもんだと思ってある程度深刻にとり合いすぎないようにはしたい所なんですけど。

こうして仕事のシーズンもまだ始まってないし、家で家事をして、楽器吹いて、テレビ見て、金八をみて、買い物いって、ご飯食べて、寝るみたいな生活してると、考えも煮詰まってきますな。あぁ、早く仕事始まって欲しい・・・・なんてことが自分の仕事に対して言えるのも、これもひとつの大きな幸せなんだな~と感謝しつつ・・・・

私にしては珍しくぶっちゃけてますね。
[PR]
# by natsukifg | 2009-09-05 01:03

そんな彼なら・・・

「そんな彼なら捨てちゃえば?」見ましたか?

アメリカのラブコメは元気のないときに元気をくれます。
あのイージー具合も疲れてるときはとても良い。

ただ、色々な立場の男女の恋愛を同時進行でとりあげて、群像劇風に作ってある映画って、人の顔と名前を覚えるのが極端に苦手な私にとっては結構難しい。。。

映画の中盤で「この人誰?」っていう人物が登場して、ストーリーの裏の裏まで深読みして悩んだ結果、実は最初からず~っと出ていたほぼ主役といっても過言ではない役の人だったりするし。本当に苦手なんです、特に外国人は同じように見えます。

登場人物は3人くらいまでにしていただけるとありがたい。
[PR]
# by natsukifg | 2009-09-04 00:07